ラストサマー
I Know What You Did Last Summer

監督 ジム・ギルスピー
出演 ジェニファー・ラヴ・ヒューイット バリー・コックス
1997年度作品

点数 3点



あらすじ
高校を卒業し、独立記念日(7月4日)のパーティーを楽しむ4人。
帰りに人を轢いてしまう。逡巡はあったものの、死体を海に捨て、この事は死ぬまで秘密と誓い合う。
翌年の夏、それぞれの道に進んだ4人が会う。しかしそれは「去年の夏何をしたか知っているぞ」との 手紙が届いた為であった。。。


ざれごと
うーん。。。どうもこの手のホラーはもう私には合わないみたいです。
だって、全然怖くないし。こんなホラーにありがちの、何かいきなり飛び出してきて驚かすってのも、 あ〜、そろそろ来るな〜。。。あ〜来た来たって感じになりがちだし。
すれたってことですか?むー。

でも、まあ、たいした動機も無く人を殺す点はいいとしましょう(あくまでも映画の話)。
主人公達の馬鹿な行動も、まあ目をつぶります。
しかし私がどうしてもいただけないのが、説明がつかないことがつかないままってところ。
スクリーム2では、殺人鬼が瞬間移動してるってのは述べましたが、 この映画でもそんな類が非常に多いです。
例えば、トランクのシーンね。まあこれだけで何のことか観た人は解ると思うのですが。
あと、瞬間移動もいっぱいしてそう。まあ、こじつけはいくらでも出来るんでしょうが。。。
いや、そんなのがオッケーの世界ならいいんですよ。ちゃんとそういう特殊な能力があります、とか、 特殊な世界ですって説明があって、矛盾が無ければね。 例えばシックスセンスとか。
でもこんな、現実の世界観で成り立っている世界で、超自然的な事が起こると、かなり興ざめしてしまうってことでした。

ほんとは2点にしようかとも思ったんですが、ブリジットウィルソンが端役でも綺麗だったので、1点プラス。
実はラストサマー2も借りてるんですよねえ。ふぅ。。。


心に残った言葉
特に無し


心に残ったシーン
鏡にSOON(もうすぐだ)って書いてあったところ

こういうのが私の恐怖神経(そんなのないって)に触れるんですよね。見えない恐怖ってのか。
例えばスクリームの(心に残った言葉のところに書いてある) 電話のシーンとか、ブレアウィッチなんか全編がこのノリじゃないでしょうか。
ただ、この映画の場合、そのメッセージを残すまでのいきさつが余りにも馬鹿らしい (だって、あんなにぐっすり眠れるわけないよ。ここもありえないシーン(こじつけは出来る)の一つ)のですが。。。