くらうどとばれっとの萌え萌え日記

第6話
シンデレラくらうど

ウォールマーケットに入ったくらうどとえありすに、まず宿屋の客引きが声をかけます。

客引き「ちょっと、そこのおふたりさん。少し休んでいかない?」

え〜。。。こういう所は、やっぱりばれっとと。うふふ、 新婚旅行は熱海でね。。。

くらうどは妄想全開で先に進みます。進んだ先には蜜蜂の館と言う、なにやら怪しげな店があります。
客引きに話し掛けてみると、てぃふぁの行方をうかがう選択肢も出てきます。

てぃふぁ。。。忘れたな。。。ではもちろん話が進みませんので、聞いてみますと、どうやら コルネオの屋敷に居るらしいです。まあ、仕方ないんで行ってみることにしましょう。

途中でアイテム屋を冷やかします。すると、システムの故障でいきなり撃たれる羽目になります。。。
一計を案じるくらうど。。。

くらうど「おい、えありす、ちょっとその店でポーション買ってきてくれ

。。。ちっ、無理か。

コルネオの屋敷に到着する二人。しかし、屋敷には女しか入れないとのことです。
こんな悪党の下っ端、鼻息ででも倒せそうですが、一応どうするか逡巡するくらうど。
その横で、えありすは突然笑い出します。

くらうど「。。。とうとうイってしまったか?」

そうではなく(当たり前)、くらうどを女装させようと言う魂胆でした。

くらうど「えありす! いくらなんでも…」

しかし言葉とは裏腹に、くらうどの顔には満面の笑みが。

。。。綺麗になった私を見たら、ばれっとも
よし、えありす、続け〜

まずは洋服屋に駆け込んでドレス選びです。

ピンクで〜、フリルがついて〜
。。。何?親父がスランプだ〜?
よし、ちょっと待っていろ。

親父が呑んでいる酒場へ駆け出すくらうど。もう誰も彼を止められません

酒場でえありすが交渉している間も、くらうどの妄想は続きます。

胸が大きく開いて〜。。。きゃっはずかしいっ

この文を書いている私の方が恥ずかしいぞ

ドレスが出来るのを待つ間、呑み屋のトイレで苦しんでる奴の為に消化剤を持ってくることにします。
彼は引き換えにセクシーコロンをくれます。情けは人の為ならず。覚えておきましょう。

次に、マテリア屋の店員からお使いを頼まれます。
ホテルに泊まり、自動販売機から何か買ってきてくれってことです。
えありすと二人で泊まることになるのですが、今のくらうど、何をしようという気にもなりません。
あっさり朝を迎えて、マテリア屋に届けに行きます。で、お礼にダイヤのティアラを頂きました。

しかし、上記の二人は何故そんなものをくれたのでしょう?
くらうどが女装しなきゃならないって知ってたの?おたくら、エスパー??

その後、蜜蜂の館の会員カードを手に入れ、蜜蜂の館に向かい、そこでビキニパンツを入手し、 化粧までしてもらいます。

あたかも、攻略本に従ったかのような動きです。

店を出ると、えありすが男どもに囲まれています。

くらうど「おい、お前ら。売り飛ばしてもいいぞ

と、言い残し、洋服屋に戻ります。
シルクのドレスが出来あがっていますが、かつらも取って来いって事になりました。
あっさりとスクワット勝負に勝利し、ブロンドのかつらを手に入れます。
さあ、準備万端です。

待っててばれっと、すぐ行くわ。。。え?てぃふぁ?。。。 ああ、そうか

くらうどは、自分の使命(一応)を思い出し、コルネオの館に向かいます。
今度は無事入ることが出来、そしておしおき部屋にててぃふぁを発見します。

くらうど「何があったんだ?」
てぃふぁ「伍番魔晄炉から戻ったら怪しい男がうろついていたのよ。その男をばれっとが捕まえて キューッと しめて話を聞き出したの」
くらうど「きゃ〜、し

こうしてはいられません。早くばれっとの元へと向かい、美しくなった 我が身を見てもらわなければなりません。

コルネオの前に並ぶ、くらうど、えありす、てぃふぁの3人。今夜の相手はくらうどと決まりました。

ますます自信を深めるくらうど。ばれっとのハートを射止めるのももうすぐです。

そしてコルネオといい事(?)をしようか、という時に、えありすとてぃふぁが雪崩れ込んできます。
そしてくらうども女装をとき、正体を表します。

え〜〜〜、お披露目無し〜〜??(心の叫び)。

その後、神羅が7番街スラムを破壊するとの情報をコルネオから仕入れ (てぃふぁ「すりつぶすわよ」。。。う〜ん、痛そうです)下水道に落とされるものの、 そこで待っていた(?)中ボス、アプスをあっさりと倒し、7番街スラムへと向かう三人でありました。。。


反響が全然ないので、ちょっと心配なくらうどとばれっとの萌え 萌え日記に明日はあるのか?