くらうどとばれっとの萌え萌え日記

第3話
進入、そして

伍番魔晄炉に向かう前に、7番街スラムのアジトでミーティングです。

ばれっと「マテリアの使い方を教えてくれ」
くらうど「よろこんで
てぃふぁ「今回は私もいくわ」
くらうど「。。。邪魔だ

しかし、強制的に進む話の前では、さすがのくらうどの愛の力も無力です。ちぇ〜っ。
しぶしぶ、てぃふぁを仲間にし伍番魔晄炉に向かう一行、まずは列車に乗ります。

この列車、ID検査という洒落た(誤)機能もついているのですが、心配はいりません。
ジェシーがくらうどの為に特別に作ったIDがあるからです。

くらうど「ってか、お前誰よ?

そうこうしている車内に、警報が鳴り響きます。どうやら、ばれてしまったようです。 全くもって使えません。くらうどはぷんぷんです。

一行は列車を飛び出し、地下鉄の坑内(?)に降り立ちます。先に進めば伍番魔晄炉への進路があるらしいのですが、 何を考えたのか、くらうど、逆向きに走り出します。現実には考えられませんが、RPGでは基本の動きです

先に(後に?)進んでいくと、何かの入り口が見えます。よ〜し、ここを正面突破だ。 しかし、当然のように敵の妨害にあいます。

神羅兵「しんにゅう者だ アバランチが襲ってきたぞ」
朝から元気な高血圧のくらうど(??)、後には引きません。
くらうど「ふみとどまる」

そして敵を一蹴し、先に進もうとするくらうど達に、敵の妨害が。。。

神羅兵「しんにゅう者だ アバランチが襲ってきたぞ」
くらうど「ふみとどまる」

瞬殺

神羅兵「しんにゅう者だ アバランチが襲ってきたぞ」
くらうど「ふみとどまる」

瞬殺

神羅兵「しんにゅう者だ アバランチが襲ってきたぞ」
くらうど「ふみとどまる」

瞬殺

神羅兵「しんにゅう者だ アバランチが襲ってきたぞ」
くらうど「ふみとどまる」

瞬殺

神羅兵「しんにゅう者だ アバランチが襲ってきたぞ」
くらうど「ふみとどまる」

瞬殺

神羅兵「しんにゅう者だ アバランチが襲ってきたぞ」
くらうど「ふみとどまる」

瞬殺

神羅兵「しんにゅう者だ アバランチが襲ってきたぞ」
くらうど「私が悪うございました

とっとと正規のルート(?)へ向かいますが、いくら敵が弱いとは言え、ダメージは蓄積されるものです。

ばれっとが毒をうけた〜!!!
くらうど「はい、だ〜りん、どくけしよ
てぃふぁのHPが一桁だ〜!!!
くらうど「自分で治せ
基本に忠実です。

さて、伍番魔晄炉を破壊した一行、逃げ出す際にプレジデント神羅と対面します。

てぃふぁ「なぜプレジデントがここにいるの?」

本当だ。何故?しかし、それについての説明は一切無いのであった

そして出てきた中ボス、エアバスターを粉砕したのはいいのですが、足場が崩れ、 くらうどが下に落ちそうになります。

ばれっと「もうすぐ爆発する いくぞ てぃふぁ」
てぃふぁ「なんとかならないの?」
ばれっと「どうしようもねえな」

。。。。。。。。。ひ、ひどい。
愛する人の冷たい言葉にぼろぼろになったくらうどは、 力尽きて奈落の底へと落ちていくのでありました。。。


ばれっとに裏切られてしまったくらうどとばれっとの萌え 萌え日記に明日はあるのか?